人気ブログランキング |

カテゴリ:Now( 24 )

Jazz日記 in 目まぐるしく、暑苦しく、思いっきり楽しかった、昨日の僕…



昨日は、滅多に無い楽しく、充実した良き日であった。


先ず…


「新宿シネマート」で、韓国映画「工作/黒金星(ブラックヴィーナスと呼ばれた男)」を観覧した。


a0214566_22191774.jpg

韓国映画が得意とする、過去の韓国のそれも絶対に明らかにしたくない恥部を赤裸々に描いた(ここで言う赤裸々は決して韓国、韓国政治を

1ミリたりとも美化せず、韓国の歴代大統領、及び政治家がやった犯罪、二重スパイの暗躍などのことである)


僕の「お気に入り7人衆」の一人、ファン・ジョンミンが出てきた瞬間から…


最終場面のイ・ソンミンとの国を超えた友情を静かで思い入れに涙するシーンまで…


僕の心を思う存分「かき回し続けて」切なさに「涙で頭痛が残る」素晴らしい映画であった。


__________________


感動の余韻に浸る間もなく、灼熱の新宿から逃亡したい一心で「冷やしうどん大盛り・トッピング多数」を食しに入った店内。


(これ、美味いのか?それとも・・・)


完全に味覚麻痺に陥っているのも気にせずに、ひたすら冷たい食べ物を喉の奥に流し込んだ。


(夏の食べ物に”鰻”を除いて食えるものなど有るワケない!)


かと言って、別に何の不満もなく、次の目的地へと・・・


_________________


三ヶ月ほど前に「マイク」購入のために立ち寄った某楽器店。


ここのうら若き美女(女性店員さん)が忘れられず…


頭の回転が速く、ユーモラスで、尚且「可愛さ」が満ち溢れている、この女性。


個人情報の保護の観点から実名を書き記すのは危険極まりないですので本名は勘弁して戴きたい。



ですので…


(仮に)この女性店員さんを「竹原さん」としておこう。


ついでと言っては失礼にあたるかも知れないが。


この「竹原さん」のお母様を千葉県館山に在住のテナー・サックス奏者「竹原陽子さん」としておこう。(もちろん!あくまでも仮の名前である)


________________


さて!


めでたく商談成立で「バックエレクトレット・コンデンサー型マイクロバス」じゃなかった…「バックエレクトレット・コンデンサー型マイクロフォン/ATM35/今津雅仁オリジナル・タイプ」この名器が僕の手に入った。


『これは、いつ、どこで、使うのですか?』


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


『このマイクは、何のために購入されたのですか?』


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


『今後の今津サウンドに何か大きな変化が?』


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』



これから何が起こって行くのか…ひょっとして、日本ジャズ界に新しい息吹が…「一体全体、今津は何を・・・」その他、諸々の真実を知りたいと思う方たちに朗報が有ります。



8月27日、夜8時に「六本木サテンドール」に来られることで、すべての疑問が解決するのです。


イイですか?


8月27日、夜8時に「六本木サテンドール」ですよ!



※ くれぐれも、他のライブハウスに足を踏み入れたりして人生最高のひとときを逃さないように。


とかなんとか、言っているうちに昨日のメインテーマの時間が差し迫ってきた。


_________________


そう!


昨日のメインテーマ。


「横濱エアジン」へ【ポップコーン電力整備製造機器/MIT88/今津雅仁オリジナル・タイプ】を届けに行く!


そして…

a0214566_22192789.jpg

僕の大好きな「林栄一/ソロ・ライブ」を聴きに行く!


もっと、言えば…僕が尊敬してやまない「梅本實ご夫婦」に会いに行く!


この、三権分立…じゃなかった、三件合立のためにワクワクしながら電車に飛び乗るつもりで、普通に乗車した。


________________


さてさて!


ここからが、皆様が最も興味のある、業界の中でしか知り得ない所です!


それを白日の下に曝そうではあ〜〜〜りませんか!


その内容たるや。


この夜の白熱した「林栄一/ソロ・ライブ」の詳細。


演奏終了後、林栄一さんと深い話になり、僕の知り得なかった林栄一さんの私生活の全容。


ローマ法王の前でソロ・ピアノ・コンサートをされたヨーロッパ在住の方との出会い。


フェイスブックで長年親しくして戴いていた妙齢の女性との初の出会い。


神の子も尻込みする「不世出の天才児」梅本實氏の驚くべき過去、そして未来についての爆弾発言。


世界中で一番ステキな笑顔の持ち主である「よしえさん」の『変わらぬ美貌の秘訣』についての事実。


そうなんです!


書きたいことは、たくさん有るんです!



でも…



僕...



急に…



もう一寝入りしたくなっちゃって…



ここのところは、キッパリ!



『寝ます!!!』



まぁ、「イイ加減さ」がすべてを凌駕する「バンドマンの真髄」を死守する為にも肝心要の話は、また機会が有れば。


________________


※ バンドマンの『また、機会が有れば、云々』を期待、または信用などする人など皆無でしょうし、そのこと自体、正しい判断なので安心して居ります。



ではでは…



あらあらかしこ


by funky-ts-kr | 2019-08-11 22:20 | Now | Trackback | Comments(0)

Jazz日記 in 阪神大震災

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


1月17日



長いこと掛かったけど...



初めて言うね...



オカン...



安らかにね...









■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



by funky-ts-kr | 2019-01-17 09:03 | Now | Trackback | Comments(0)

CD・BOOKについてのご報告

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by funky-ts-kr | 2018-12-22 18:55 | Now

Jazz日記 in 田中信夫さん永眠

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


声優の田中信夫さんがお亡くなりになったのを聞きました。


a0214566_01195346.jpg



僕などは「スパイ大作戦」のバーニー役(グレッグ・モリス)やシドニー・ポワチエ、いわゆる黒人俳優の吹き替えで知り、その知性的で落ち着いた吹き替えボイスに魅了され、直ぐにファンになりました。


a0214566_01205260.jpg



小学生の頃、日曜洋画劇場で観たシドニー・ポワチエ主演の「野のユリ」がとても印象に残っています。


a0214566_01230039.jpg



後年、「リーサル・ウェポン」でのダニー・グローヴァー演じるロジャー役の吹替でも楽しませて戴きました。


a0214566_01232610.jpg




享年83歳だったそうです。








安らかな眠りにつかれますよう、お祈り申し上げます。









■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



by funky-ts-kr | 2018-10-22 01:25 | Now | Trackback | Comments(0)

Jazz日記 in 秋

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■




夏の喧騒が去り...


外を歩くと金木犀が香る


蘇る遠い昔の甘酸っぱい想い...


出来ることなら世界中の子供たちの笑顔を願う


この季節がなにより好きだ









■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



by funky-ts-kr | 2018-10-05 08:49 | Now | Trackback | Comments(0)

Jazz日記 in 哀愁のNGK...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

9月3日


昨夜の高見さんとの「おしゃべりセッション」の興奮も冷めやらず...




昼過ぎには「なんば駅」に到着!




この近辺...




十代の頃の仕事場だったから隅から隅まで...




景色が変わってしまっていてサッパリ解らない。






しょーもないこと言うてるうちに...






さぁ!到着!!!



a0214566_01252114.jpg




ここは...





世界が嫉妬する笑いの殿堂!




「NGK」



そして...




この日の出演者は...


a0214566_01260989.jpg

「和牛」




「吉田たち」




「相席スタート」




「タカアンドトシ」




「坂田利夫スペシャルコント」




「Wヤング」




「西川きよし」





「西川のりお・上方よしお」



「休憩」



「吉本新喜劇・池乃めだか・他...」



-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------




俺がよく行っていたのは「梅田花月」で「NGK」に来たのは初めて。




プロになって音楽について悩んで身動きが取れなくなったり、どーしようもなく気持ちが煮詰まった時など...



「Wヤング」を目当てに朝から梅田花月に行き、一番前の席で食い入る様に平川幸雄さん、中田治雄さんが繰り広げる漫才に大声を上げて笑い倒していた。






一度だけ平川さんに楽屋に誘って戴いたことがあった。



-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


『いつも来てくれてはるから漫才やってる時によぅ目ぇ合いますなぁー』



『はい!僕は嬉しいのですが、漫才の邪魔になってるんと違うかと・・・』



『なにを言うてはんの、僕らかて一生懸命に通ってくれてはるお客さんがいてはるから頑張れますんやし』



しばらくお話をして...




『ありがとうございました!』と言って帰って行く俺に平田さんが...




『あの、サックスさん・・・他の漫才の子たちも頑張ってますんで、宜しくお願いしますね』





ニターっと笑いながら平田さんから...




『出来たら、イビキは堪忍しったて貰えると・・・エラいスンマヘン!』ってギャグを入れながら注意されました。





そらそうやわなぁー







「うめだ花月」の最前席に陣取ったサングラスが爆睡してたかと思ったら(俺はまさかイビキまでかいてたなんて露程も知らんかった)「Wヤング」が登場した途端にサングラス外して、前のめりで手を叩きながらの大爆笑やねんもん!!!





若手の連中からしたら(迷惑な客やなぁー)(やってられんなぁー)とか文句の一つも言いたくもなるんやろね。




ふん!




アホらし!   







※ 後で聞いたら、若手の漫才師の何人かが平川さんに「なんとかして下さい」とか何とか...情けない話や!爆睡されるのが悔しいんやったら寝てる俺を起こして直接『寝てもエエんやけど、イビキは他のお客さんの迷惑になりますんで!』って言えばエエがな!








※ そしたら俺もちゃんと謝罪の言葉をやなぁ『イビキは悪かった!ゴメンな!今度からは寝言にするわ!お前らホンマ下手くそやのぅ!どうせオモロないんやから静かにやれよ!って言うたとしてもぜんぶ寝言やからな・・・悪気とかぜんぜん無いっちゅーことだけは忘れんとってや!』








-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

この日、大爆笑させてくれたのは...



「タカアンドトシ」




「坂田利夫スペシャルコント」



「Wヤング」





「西川きよし」









「Wヤング」は、俺が「追っ掛け」していた頃の中田さんから佐藤武志さんにメンバーチェンジしていたが(あの事件だけは俺も悔しくて、悲しくて、ホント辛かった!)



平田さんの少し高めの客席の後ろまで通る声は健在で、相変わらず歌も上手かった。




77歳にはとても思えないスピード感、それもすべてハッキリした響きで伝えてくれる。




懐かしさ...




それよりも...




(あれから大変やったやろうなぁー)




(嫌っちゅーほど苦労しはったのは知ってますけど・・・ここまで這い上がって来はるて)





(平川さん!師匠!ホンマ凄いですわ!!!)色々と思い出してたら...






ハハ・・・




自然と頬を伝う涙が何とのう心地よろしおましたわ!





多分...



これからも「Wヤング」の舞台だけは笑いと...



哀愁の嬉し泣き...ですやろね。















-------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------













-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


















































































-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------










■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



by funky-ts-kr | 2018-09-11 01:32 | Now | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 「CAFE 52」より...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


以前から気になっていたライブハウス...


「CAFE 52」

http://www.cafe52nerima.com/









ウォーキングの途中に立ち寄ってみたのだが...



信じられない位、店の雰囲気が良いのにビックリ!



若い客層の多さにビックリ!




ステージでスイングしまくっているピアニストにビックリ!




マスターの弾くギターの上手さにビックリ!




お世話になってるパク先生の『やぁー!お久しぶり!』という声にビックリ!




突然、ベースの千北くんが入店して来たのにビックリ!




初対面のベーシスト宮上啓仁くんが僕と同じく神戸市出身の上、住んでた所も僕の家とすぐ近所だと知らされ...やっぱり、ビックリ!





最後の曲が始まった途端、今津雅仁がピアノを弾き出した事にビックリ!


a0214566_02201365.jpg


ビックリの連続にビックリしていたら、日付が変わっていた。




メチャメチャ居心地の良い店でした。




帰り道...




『よっしゃー!本拠地が出来たぁー!』



a0214566_02205010.jpg


大声で叫んだら、歩いていた人が...ビックリ!




※ ちなみに、強烈にスイングするピアニストの名前を書き記して置きますので覚えておいて下さい。



《小沢咲希さん》です!



せっかく小沢さんと一緒に写真を撮ったのに...




ピンボケだったので、ガッカリ!








■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

by funky-ts-kr | 2018-01-20 02:31 | Now | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in マット竹内のEnglish SQUAREより...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■





昨年12月にお知り合いになった、マット竹内さんのポッドキャストです!

a0214566_15381433.jpg


今回も僕の曲をバックに軽妙洒脱で軽やかに話を進めておられます。





最初に流れている曲は...






アルバム「MASATO」より「So Long」






そして、次に流れて来るのは、僕がジミー・フォレストに捧げた曲


「Like Forest」
です!






https://matt-english.com/podcast/20180118




上記のアドレスから入って下さると...


今回のポッドキャストです。お聴き下さい。」という画面が出て来ます。



そして、番組開始の所をクリックして戴くとマットさんの優しい声が聞こえて来ます。




とても素敵な番組ですので、是非お聴き下さい!




そして...



マット竹内さん、有難う御座いました!!!














-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------







-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------











■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

by funky-ts-kr | 2018-01-18 15:32 | Now | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 阪神大震災から23年...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


阪神大震災から23年...




オカンが腐らんようにドライアイスを取っ替え引っ替えしてた公民館での俺の周りには何十体という遺体が....



十日後...



和歌山の釜でオカンを焼きに行った時、俺は40度の熱を出して控室で点滴を受けていた...

気がついたらオカンは小さな箱に...


______________________________________________________________________



マスコミが報道しなかった裏事実は山ほど有るけど...




地震の二ヶ月後にあのオウム事件が起こり、東京のマスメディアは全部そっちに行ってしまった。




しかし、阪神大震災の二次災害は想像を絶するものだった。




日本各地から泥棒が押し寄せて、そこら中の家から金目のモノを取っていった。




なにより可哀想だったのは、小さな子供たち。




当時、インフルエンザが蔓延している避難所にホームレスの団体が食い物を求めて集まった。

ただでさえ弱ってた子供たちにインフルエンザの脅威が襲いかかる・・・



次々に死んでいく子供たち。




正に此の世の地獄だったよ。

______________________________________________________________________


合同慰霊祭の時...




デカいラジカセで大音量を流したヤツがいた。



日教組だ!




皇太子夫妻が慰霊に訪れたのが気に食わなかったんだろう。




百歩譲っても許せない。




精神も肉体もボロボロになった俺たち被災者にあの仕打ちは無いだろう。




疲労困憊が極限に達した被災者たちは声を上げることも出来なかった。




(勘弁してくれよ・・・)



何人かが静かに呟くのが聞こえるぐらいだった。



大音量のラジカセは止まらないまま係員に連れて行かれた。




______________________________________________________________________




「思想」「理念」「人生観」


ふざけるな!!!




弱い者いじめの何ものでも無い。

______________________________________________________________________



ほどなくして...




俺は精神病院のお世話になることになった。




理由は簡単。




気が狂ったんですよ。





そして...それは...5年間にも及んだ...






※ これは阪神大震災に於けるほんの一部の出来事です。













-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------




■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

by funky-ts-kr | 2018-01-17 04:40 | Now | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 竹内昌志氏より...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

今日の朝、図らずも或る人物と知り合うこに成りました。

竹内昌志氏

以下、竹内昌志氏がFacebookに掲載してくれた文章です。

一読して戴ければ幸いです。

-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


今朝、偶然にも今津雅仁さんとFacebookで繋がりました。



今津さん、私のジャズ史にとって欠かすことの出来ない存在なのです。


当時、なんとなくロックよりのフュージョン系音楽が花盛りであった中、骨太のテナーがよく歌う、これぞJAZZという本流ジャズに触れて全身に雷が走りました。



依頼、折に触れてジャズを聴きたくなったら今津さんの演奏を聴き続けてきました。



お陰様で、New Yorkにもわたり、一人のジャズファンとして購入したジャズのCD&DVDは5,000毎を超え、こともあろうに趣味でジャズピアノを弾くまでになりました。


一人のミュージシャンの影響力ってかなり大きいのです。




そして、New Yorkで培った語学力と海外から情報を取得する習慣を付けてもらいたいと

5年位前からほぼ毎日アップデートしているラジオ風の音声ポッドキャスト 「1日5分!ビジネス英語」を開始。



今年はなんと数あるポッドキャストの中で年間トップ20に入賞することになりました。
https://matt-english.com/



考えてみれば、NYに渡ったきっかけも、もしかしたらJAZZ?



そして今日は、クリスマスシーズンということもあり、今津さんから許可を頂き、大好きな彼が奏でるクリスマスソング2曲を、本日のポッドキャストのBack Musicとして流させていただきました。



お流しした楽曲は以下の2曲です!


是非、お聴き下さい。幸せなクリスマス気分に浸ることができます。(^_-)-☆



1 The Christmas Song
https://www.dropbox.com/s/…/02%20The%20Christmas%20Song.mp3…


2 We Wish You A Merry Christmas
https://www.dropbox.com/…/13%20We%20Wish%20You%20A%20Merry%…



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

by funky-ts-kr | 2017-12-16 16:32 | Now | Trackback | Comments(0)