人気ブログランキング |

カテゴリ:素晴らしき仲間たち( 56 )

Jazz 日記 in 2.26/これじゃ解らないよね...


2月26日

サッちゃん(俺の大好きなサックス奏者/早坂紗知)に招待して貰った「2.26ライブ」で山下洋輔さんに会いました。

楽屋でサッちゃんが...

『こちらテナー・サックスの今津さんです』

『ご無沙汰しております』

と挨拶している俺の顔を見て...


『あ、ああ、山下です』


ふと...

(俺のこと忘れてはるんや...まぁ、しゃーないか)

取り敢えずは客席に戻ってライブが始まるのを待っていた。

______________________


圧倒的ライブが俺の心を奪ってしまい...

『うぉーーーー!!!』

森山さんがドラムを叩きながら...

『うぉーーーーー!!!』

森山さんの叫びに感動して...

『うぉーーーーーーー!!!』

グギャン!グギャン!グギャン!グギャン!ドドドドド!!!
数秒の間の後、ドシャシャーン!ジャカジャカ!!!

(うぁ!出たー!)

んでもって、また...

『うぉーーーーーー!!!』

________________________

演奏終了後、楽屋にすっ飛んで行って。

『山下さん!森山さん!お疲れ様でした!』

『さっき、山下さんがピンと来てなかったみたいだったので』

俺は、山下さんが俺が「PIT INN」でやってた時に聴きに来てくれたこと。

次の日に山下さんに直接、電話して色々と話したこと。

スイングジャーナル主催の授賞式で再会したこと。

1分もかからずに話し終えた。

そしたら...

『今津くんじゃないかぁー!』

『はい!今津です!』

やっと解って貰えたのでホッとした。

その半面、さっきサッちゃんが紹介した「テナー・サックスの今津」ってーのは、山下さんにとって誰だったの?

でも...

この写真を見比べたら...

a0214566_05400792.jpg
a0214566_05412049.jpg

別人28号(山下さんの本より抜粋)だもんなぁー

_________________________


少しは痩せないと...



by funky-ts-kr | 2019-04-11 05:45 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz日記 in 谷殿ちゃんと...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


今日は大好きなトランペッター


谷殿ちゃんとリハーサル



a0214566_00303705.jpg



リハが終わった後ロイヤルホストへ...



打ち合わせ〜谷殿ちゃんの釣り話〜



その後...



『趣味は?』



『趣味?誰の?』



『いや、今津さんの』



『俺?俺の趣味?』



『そう!』



『う〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん』



『・・・・・・・・・・・』



『趣味なぁ...趣味かぁ...』



『・・・・・・・・・・・』



『趣味、趣味、趣味と...』



『・・・・・・・・・・・』



『熱帯魚は小学生の時やし...今の趣味やろ?』



『・・・・・・・・・・・』



『う〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん』



『・・・・・・・・・・・』



『参ったなぁー』



『・・・・・・・・・・・』



あっと言う間の2時間でした!!!




             ✌️









-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------














-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


















































































-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------










■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



by funky-ts-kr | 2018-07-11 00:31 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz日記 in 吉岡ちゃん!最高ぅ!!!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by funky-ts-kr | 2018-06-30 08:15 | 素晴らしき仲間たち

Jazz日記 in 今津雅仁&吉岡秀晃/取材前の心得より...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


四国で開催された南レク・ジャズ・フェスティバルの次の日...



俺と吉岡は朝一番の飛行機で東京へ...



「ジャズライフ」の取材の為に四ツ谷駅で下車。



ところが...



-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


『ねぇ、吉岡・・・』



『なに?』



『このまま時間どおり行くつもり?』



『え?行かないとマズいんでしょ?』



『なんでよ?』



『だって、みんな待ってるし、取材って大事なんでしょ?』



『あ!そうか、吉岡は取材されるのって初めてなんだ!』



『うん、そうだけど・・・』



『あのね、取材って何が一番大切か知ってる?』



『う〜〜ん、聞かれた事にちゃんと答えられるか、とか?』



『ブー!一番大切なのは「ノリ!」ノリが悪けりゃすべてはオジャン!

知らないだろうけど、雑誌社って死ぬほど退屈な質問しかしてこないんだわ!

ジャズ・ミュージシャンとして答えるのに困るような...

例えば、初恋の女の子の名前は?とか、果物では何が好き?とか、好きな色は?とか

そんなのばっかりなんだぜ!』




『え、なにそれ?そんなこと聞いてどーするの?』



『知らない!だから俺たちがシッカリしなきゃダメなのよ!
要はノリ!大切なのはノリ!ノリさえ良けりゃ記事もスイングするのよ!』




『ノリかぁ、そうだよね!俺たちはジャズ・ミュージシャンなんだもんね!スイングしなきゃー』




『ところがだ!今日はジャズフェス帰り&二日酔い&寝不足の三重苦じゃない?ノリが悪いのよ!』




『そうだよね!だって凄く疲れてるもん、今ちゃんも疲れてるでしょ?』




『うん!疲労困憊!国士テンパイ!でも俺たちはプロだから疲れたとか言ってられないんだわ!』




『厳しいねー』




『そう!厳しくとも、元気なジャズ・ミュージシャンとして取材を受けれなきゃプロ失格なんだな!』




『でも、今直ぐに元気になんか成れないじゃん!』




『いや!成れる!』




『どうやって?』




『あそこの看板に「とんかつ三金」って書いてあるの見える?』




『うん!見えるけど』




『先ず、あそこに行って生ビールみたいなのをグビグビ飲みながらヒレカツと海老フライを単品で注文する!』




『ええーーー!!なに?取材の前に酒なんか飲んで大丈夫なの?』




『ダメだよー!酒はダメ!
俺が言ってるのは生ビールによく似た炭酸みたいな泡がいっぱいの黄色い飲み物のこと!
それも揚げ物を食べながらだから胃腸にもイイでしょーが!』




『なるほどね、黄色い炭酸水とフライ物だったら別にイイんじゃない?』




『だろ?それに約束の時間まで30分もあるんだし、

全ては大切なノリを良くする為の試練だと思えばだね、

我慢して三金に入ることも出来ると思うんだ』




『そーだよねー!その通りだよ!決〜めたぁ!

今ちゃん取材とか慣れてるし、ぜーんぶ今ちゃんに任せちゃった方がイイよねー♡』



-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


その後...




生ビール12杯に単品+単品+単品+単品 ✕ 5を平らげ店を出た二人は...




a0214566_07045282.jpg





【ノリノリ ✕ 100=完全成立バカ二匹状態】でジャズライフ社に

馳せ参じました。




予定の時間より遅れること...2時間と少し...




何故か...


「ファンハウス」のディレクター小林哲が珍しく


意味もなくカンカンになって怒っていたのだが、


俺たち二人にはその怒りが誰に向いているのかさえ理解できないほど


【ノリノリ&スウィンギー大爆発状態】なのでした。




おかげさまで、取材は大成功!!!




当初の予定ページ数の2倍の面白記事と数枚の写真が追加されたので有ります。





【取材の心得】



時間どおり行って退屈な記事に成るより、多少(ちょっと多め)の遅刻をしてでも...(涙)




我慢して苦目の炭酸水を飲みまくってでも...(涙)




面白オカシイ記事にした方が健全かつ




読者に対しても良心的である🎊🎊と思っていた頃の写真です




だって、俺たちジャズ・ミュージシャンなんだもーーーん




          







-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------














-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


















































































-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------










■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



by funky-ts-kr | 2018-06-28 07:09 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz日記 in 谷殿という男〜なに突っ立てるんだよ!

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


昨夜のライブ...




例によって30分ほど遅刻して店入りした俺の目の前に...






善人を絵で描いて、上から温厚を彩ったような顔をした男が一人ポツンと...




『今津さ〜ん!お早う御座いま〜す!』





『あれ?佳乃子は?』




『いえ、まだみたいですよ』




『何かあったんかな?渋滞...まぁ、なんか有ったら連絡してくるやろ』






それにしても...





大きな成長を遂げたスター・トランペッターを迎えてのライブなのに...






久し振りの「再会ライブ」なのに...




バンマスである俺が遅刻するのは別段、驚くこともないし、不治の病なのであるからして仕方ないとしても。




メンバーが誰一人来ていない。




スターに対して失礼だろうが!




ここはバンマスである俺がスターに謝罪するべきだし、それが「筋」というものだ。





だが、謝って済む話でもなかろう!




それに...ステージが始まる前に来れば...いや、俺のバンドはステージが終わるまでに来れば「遅刻」とは言わない。




ということで...





『ヨロシクねぇー!』と握手に『こちらこそ宜しくお願いします!』




礼儀正しいよなぁ...ホント!





谷殿明良である。




a0214566_10511872.jpg




俺の大好きなトランペット奏者。



彼ほど笑顔の素敵な男も珍しい。




会った途端...ホッとする




いつ、どこで出会っても...ホッとする




もし...太平洋のド真ん中で溺れそうになりながら、必死に泳いでいる俺の後ろから15メートルを有に超えるサメが追いかけて来ている時に谷殿に出会ったとしよう。




そんな差し迫ったときであっても...



間違いなく俺は...
ホッとする




2006年11月に東京に舞い戻ってから新しい出会いがあったが、そのほとんどは若き多くのジャズ・ミュージシャンたち。




俺みたいな「我の強い」ポンコツを相手に優しく接してくれる。




一度目はね。




これが二度三度と続いていく内にその若きミュージシャンたちの所作が微妙に変化してくる。




その中でも初対面から昨夜に至るまで、谷殿からは同じ空気感しか感じない。




少し変わった所といえば...



感情を...いや、好き嫌いをちゃんと顔に出してくれていた事かな。




デカい声で笑うし...




シッカリ、困った顔もするし...





(このオッサンだけは...ホンマ、メチャメチャやなぁー)的な呆れ顔をもしてくれる。




心を明けっ広げにしてくれている谷殿ちゃん...




(うう...か、可愛い...)






こういう自分の思いを表情に出せる人間は100%信用できるし、すべての面において
「フェア」である!







-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------




ステージが始まる前にいつも通り「俺用の椅子」をセッティングした。




それを見ていた谷殿が...





『僕も座って演奏しようかな』




『お!エエなぁー!気分によって立って吹いてもエエんやし...オモロイがな、フロントが二人して座ってるっちゅーのは!』




a0214566_10540177.jpg




大きなホールは別として、普段の仕事場は狭いライブハウス。




自分のソロが終わってボサーと突っ立てるサックスやトランペットのアホ顔にはいつも興ざめする。




ピアニストがソロを弾いているのに....




ベーシストがソロを弾いているのに...




客席からの死角に突っ立てるだけでも迷惑千万なのに。




同じバンドのメンバーの音に...聴いてるのか聴いてないのか知らんが、薄い表情で身体一つ揺り動くこともない。




観に来てくれているお客さん達にすれば...




(ピアノ...盛り上がらないけど...そんなに大したことないのかな?)




(横で見ているサックスの人も嬉しそうじゃないし...なんとなく笑顔っぽいんだけど)




(初めてジャズを聴きにきたけど...ぜんぜん楽しそうじゃないし、やっぱりジャズって難しいんだろうなぁー)





-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------




日本ジャズ界が衰退の一途を辿っている原因に言及する人が時々いるが...




諸悪の根源がジャズ・ミュージシャンたちに最も多くある事に異論はあるまい。




楽しくもなく、ワクワクもしない。




かと言って、スリル満点どころかスリル減点だし、その上にお喋りしてもいけない。



ミラーボールが回っている訳でもない何の変哲もない白熱電球に照らされた演奏者の難しい顔に、難しい曲の解説。





良いところ?





強いて言えば...








「真面目!」





そんな悪夢の館みたいな所にわざわざ出掛けて行くヤツがいると思うかい?





俺だったら...




絶対に行かない!!!



a0214566_10560448.jpg




-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


































■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



by funky-ts-kr | 2018-03-29 11:09 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz日記 in 畑秀司・横浜公演

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



明日...2月22日(木)


横浜「Hey - JOE 」にて韓国在住のギタリストであり、僕の大切な友人の畑秀司くんのライブがあります!


僕は、彼の心に染み入る深い響きが大好きで...



(ギターって...こんなにも美しく心を揺さぶられるんだ...)


昨年12月に続いて明日も聴きに参ります!




時間のある方は是非とも聴きに行かれることをお薦め致します。






a0214566_01572561.jpg































-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------




































-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------













































■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



by funky-ts-kr | 2018-02-22 02:09 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz日記 in 橋本信二さんへの手紙より...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


橋本様


昨夜は久し振りに楽しく演奏することが出来ました。



心から感謝して居ります。



長年、この世界で生きておりますと「匂い」に敏感になりまして...



時代がそうさせるのか「心を開き切って演奏する場所」が少なくなり寂しく思うこともしばしば。



若い世代がプロのミュージシャンとして希望を持てる「店」に出会う事は何よりも大切だと思う反面、なかなか難しい状況に有ることを憂えて居ります。





ジャズの「匂い」が溢れるオーナーとママ...

ジャズの「匂い」を求めるリスナー...

ジャズの「匂い」が充満するライブハウス...



幸せを感じた夜でした。




『今津さんに僕の師匠会って戴き、出来れば一緒に演奏して貰いたかったんです』



上総くんの切なる想いを聞かされましたが...



演奏後...



『上総、今日は本当に素敵な空間に招待してくれてありがとう!』



彼の穢れのない美しい気持ちに対し、素直に感謝致しました。




もうすぐ61歳になりますが、まだまだ僕の「ジャズ人生」は始まったばかりです。



これからも、何卒、宜しく追い願い致します。




     不乙




今津雅仁 拝





-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

a0214566_12270823.jpg



文化的な教養が溢れた客層がひしめくステージには「自由な幸せ」だけが流れる...


a0214566_12292661.jpg

橋本信二さんにお願いしてアンコール曲に参加して戴き...


終始にこやかな表情は、ステージ上でも...


ジャズの年輪に裏打ちされたギタープレイには魅力が溢れかえっていた...



(ジャズってイイなぁー)



a0214566_12324861.jpg


ママさんの梶原まり子さんにもお願いしてステージへ...


『今日のステージからは歌だけが聴こえて来てるわ♡』


嬉しいお言葉を...



そのママさん...


喋っていたら唄っていた...




(アチャー!こりゃモノホンだわ!)


話すように唄っているのか、唄うように話してるのか...



こういうのを「ジャズ・ボーカル」って言うんだよなぁ...



優しさ...力強さ...しなやかさ...





(ジャズってイイなぁー)






-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


a0214566_12332360.jpg



         緊張と...




a0214566_12334228.jpg



    緩和!!!



-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


a0214566_12351406.jpg



演奏終了後のリラックス・タイム...



ベーシストの小澤基良   


リーダーの原田上総     


オーナーであり素晴らしきギタリスト橋本信二さん



それと...




妖艶な美人は、フランス生まれのマリリン・モンローことNath Perilhouさん♡




■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

by funky-ts-kr | 2018-02-14 13:33 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 上総と直人...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

a0214566_10513303.jpg

昨夜も2時を回ってからの帰宅...



二晩続けての午前様。



もし、俺がシンデレラだったら「ガラスの靴」を片足に引っ掛けながら「かぼちゃの馬車」で目白通りをパカパカ...



目立ってしゃーないやろなぁー 😅



--------------------------------------
--------------------------------------



遅くなったのには訳がある。



昨夜のメンバーのギターの原田上総とオルガンの西川直人を相手に演奏後の話し合いが長引いたからだ。



今回で二回目の顔合わせ。



言うなれば、お互いのことなど何も知らない。



しかし...



滅多に真面目な話をすることのない俺が腹の底を見せてまで「音楽に取り組む姿勢」を論じたのは、彼ら二人との響いてくる面白いサウンドが想像できたから。



虚勢を張ることのない、どちらかと言えば人間の弱い部分に戸惑う姿が透けて見える若者。



心の弱さにコンプレックスを持っているミュージシャンだからこそ本質を掴んだ時に「大化け」することが出来る。




今まで本気で怒られたり、ジャズについて本気で語り合ってくれる先輩ミュージシャンに恵まれてなかったのだろう。




--------------------------------------
--------------------------------------





さぁ!




やるんだったら、トコトンやるからねぇー‼️‼️‼️



リハから細かい所までダメ出しを連続しながら、何回も同じ事を繰り返させる。



『おい!寝てんのか?』



『リハの為のリハなんて此の世の中には無いんやからな!』



『ニューヨークのビレッジ・バンガードで演奏してると思え!』



『こら!照れ隠しで出してる音は俺にバレてるんやぞ!』



『ナメとんかのか!理屈や無いんや!』



『誰が頭で考えろて言うた?心で感じるんや!』



『アカン!感じてない!感じてないから響かんのや!』



『合奏や!合奏!合わせろ!合わせるまで止めへんからな!』



『タイミングが合わんのは気持ちを寄せ合ってないからや!今からお前ら恋人同士になれ!』



『好きな人と一緒に演奏するんや!気持ちを開け!』



『目ぇ合わさんかい!目ぇを!お前ら愛し合ってるんやろ!』



『強弱を付けんかい!客が寝てまうやろが!』



『誤魔化すな!間違えるんやったらハッキリと間違えるんや!』



『景色を変えろよ!客が退屈するやろが!』



『歯切れが悪いんじゃ!

そこはビッグバンドのトランペットセクションをイメージして強く音を切って!』



『ド阿呆になり切るんや!ド阿呆に!』

『狂え!狂わんかい!』



『おい!今、気ぃ抜いたやろ?』



『シバクぞ!』




--------------------------------------
--------------------------------------



リハを終えて...



世間話をしながらゲラゲラ大笑い...



音楽から離れると、途端にボケ倒したくなる。



喋り足らない気持ちを押さえてステージへ...





--------------------------------------
--------------------------------------



適度の緊張感の裏に「熱い心」が隠れている...



本番の演奏ですか?



悪かったら書かないですよ。



みんなギンギンになって...



(なんだよーこいつらの勢い・・・)


(メチャメチャ凄いなぁー!)



a0214566_10525575.jpg



それにしても...



上総のヤツ...



知らんうちに完全に「化けた」よなぁー



直人も前回とは別人だったし...



アイツもどーせ「化ける」に決まってる。



a0214566_10533276.jpg




--------------------------------------
--------------------------------------





演奏後もなかなか帰らない...



『おい、上総、終電は大丈夫なの?』



『はい!あと5分ありますから!』



『ハハ・・・そーですか、西川は?』



『僕、車ですし、まだまだ時間あります』



『よし、ほなら練習方法を教えたる』



『はい!有難う御座います』



『その代わり、絶対に毎日やれよ!たった一時間でエエんや!それだけで半年後は君がバンドのサウンドを仕切れるようになってるよ!』




--------------------------------------
--------------------------------------





帰り道に家内が...



『たった2時間のリハだけであんなに凄いバンドになるの?』



『ん?ああ...』



『みんなホントに格好良かったよ!なんであれだけ変わっちゃうの?』



『・・・・・・・・・・・・』



『ねぇ、なんでなの?みんな魔法にかかったみたいだった』



『・・・・・・・・・・・・』



『ねぇー教えてよー』


「知らんがな!!!」



       





■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

by funky-ts-kr | 2018-01-29 11:02 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 美しい若者...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

帰宅したのが午前2時半...



睡眠時間の少ない割には気分がイイ!



気分がイイと体調も良くなる。



健康的な人生を送るためにジムに通ってる人も多いが...



「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」なんていう嘘っぱちを信じてしまった故のことであろう。




より良い人生を謳歌したければ『気分がイイ!』と感じることが先決だ。



そうすりゃ病気なんぞとの縁も切れる。



今朝のすこぶるイイ気分の原因は「美しい若者」の影響のせいだ!



汚れのない魂...



どこを突付いても「悪意」を感じない人と同じ空気を吸っていると自然と心は開いていく。



俺にようなアクの強い人間の薄汚れた心にも透明感が現れるのだから...

(誰が薄汚れてんねん!)



清々しい若い魂に触れると長生きするのも捨てたもんではないと思えるのだから不思議だ。



いやいや、まったく有り難いことである。



a0214566_12381196.jpg


「美しい若者」に礼を言わないと...




ギタリストの浅利史花くん!



ベーシストの千北祐輔くん!






『昨日は本当にありがとう‼️‼️‼️



       

by funky-ts-kr | 2018-01-28 12:40 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 畑秀司ライブ...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

昨夜の《畑秀司ライブ》



いやぁー良かった!!!!!


自然なんだよね...


何もかもが!


人間的にも...




とても魅力的なんだよなぁー




それと...




昨夜のベーシスト






大角一飛さん



良かったなぁー



挨拶しに行ったら...


『テナー・サックスの今津さんて・・・



あの今津さんですか?』



『どの今津さんか解りませんが・・・』







『今津マサヒトさん・・・』






『惜しい!今津マサトでした!』





それから、意気投合!!!
a0214566_10240152.jpg
-------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------


休憩時間に...



『ねぇ、次回の来日時に宮之上さんとダブル・ギターでライブしようよ!俺が企画するから!』



『いえ、そんな、大御所と僕じゃ・・・』




『ダメ!もう決めた!だって、宮之上さんとジョイントしたいでしょ?それでもって、今度は宮之上さんを韓国に招聘する切っ掛けになるだろ?』




『そりゃまぁ・・・』





『そういうのを交流って言うんだよ!お互いに素敵なミュージシャンを呼び合う!』





『そうですよね!』





『エアジンの梅本さんが言うように、日本のジャズ・ミュージシャンは自分のことしか考えてないからな!日銭が稼げりゃ平気で仲間を裏切るなんて日常茶飯事だよ!』





『・・・・・・・・・・・・』




-------------------------------------------------------------


-------------------------------------------------------------



ジャズ・ミュージシャンやってりゃ貧乏に決まってるだろ?それに俺は(義)では動くけど(利)では絶対に動かない!









a0214566_10215119.jpg
-------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------


先ほど...

宮之上さんに《宮之上貴昭&畑秀司/ジョイント・ギター・バトル》の話をしたら...




『タイミングが合えばもちろんご一緒させていただきたいと思います。
いつも気にかけていただいて嬉しいです』との事。


さすがは、日本を代表するボスギター!!!



心の広さが違うよね




ということで・・・



【今津雅仁の考える

   日韓ジャズ交流】




a0214566_10195679.jpg



始まったばかりです!!!







-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------




■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

by funky-ts-kr | 2017-12-21 10:49 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)