Jazz日記 in 甲本奈保美・濱田省吾との初共演!

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


《今夜の立川ジェシー・ジェイムス・ライブ》



アルト・サックスの甲本奈保美さん



ドラムの濱田省吾くん



二人との初共演は僕にとって音楽面だけではなく、とても有意義なものと成りました。




■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



甲本さんはリハ一曲目の2小節で...



(ハハハ...同じ匂いやん!こりゃ今日はオモロなるわ!)



ファンキーな女性サックス・プレイヤー



澄んだ美しい音色



ケレン味の無い堂々たるプレイは胸がすく



「ジャズ」という音楽はその人の「生き様」がモロに出てしまう、

或る意味とても恐い音楽。



a0214566_03321156.jpg




「生き様が男前!」な甲本さん...



俺も家内も一発で気に入った。



帰りの電車の中でも三人で喋り倒し!



別れ際に...




『今度、三人で飲みに行こうね♡』




■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



そして...




省吾くんは佳乃子ともといとは旧知の仲。



あうんの呼吸でのスイング感だけでなく、もといが出すアイデアに直ぐさま呼応するリズム陣。



(ハハハ...混じり気なしのジャズやん!)



a0214566_03330887.jpg





2年間、ドラムレスでやってきたが...



待った甲斐があった。



「うるさくなく、メゾピアノでレガートをキープ出来る、スピード感はもちろんのこと、瞬間的なひらめきを音に出せる、派手なソロは当たり前だが、フリーソロで観客を魅了できる、自分自身に嘘を吐かない、若いドラマー」




今秋出版予定の「今津雅仁/BOOK&CD」のレコーディング・メンバーが決定した。



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



今夜の客席は笑顔だけ。



いや、一番前に座っていた女性の目から涙が...



演奏終了後、客席にお邪魔すると。



『うちの女房、ジャズって初めて聴いたんですけど...途中から「私、涙が...涙が...」って』



『奇遇ですねぇー僕もきのう初めてジャズを聴いたんです!』



『いえ、ジャズの生演奏をですね...』



『いえ、僕も今日はじめてジャズを生で演奏したんですけど!』



目を真っ赤にした奥様が大声で笑いだしてくれて。



『ホントに面白い事ばっかり、でも演奏を聴いていると切なくて、切なくて自然に涙が溢れてしまうんです』



『本職が漫才師なんで面白いのはしゃーないとして、切のうて泣きそうなのは僕の方なんですわ!なんせサラ金から5億ほど借りてますんで』



『え?漫才師?5億?』



『信じられないでしょう?』



『ええー!ホントなんですか?』



『ホントやったらどないします?』



『え?じゃぁ、嘘なの?』



『どっちが宜しいですか?奥様の気に入った方にしますんで』



『はぁ〜〜?』



すると、ご夫婦が顔を見合わせて、いきなり...



『ギャハハハハハハハーー!!!ヒー!ヒー!お、お腹が、お腹がぁー!』



『産まれそうですか?』



『なんで、産まれそうなのよー!キャハハハー!!お腹が痛くて!た、助けてぇー!』



『すみません、助けたいのは山々なんですけど、ちょっと楽器を片付けんとアキませんので・・・一応、産婆さんには電話しときますわ』



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■




(ホンマ...今夜はエエ出会いばかりでした..)





a0214566_03345240.jpg







さて!




本の執筆に掛かろうか。














-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------





































-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------










■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



# by funky-ts-kr | 2018-05-27 03:28 | ライブを終えて... | Trackback | Comments(0)