人気ブログランキング |

Jazz日記 in 哀愁のNGK...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

9月3日


昨夜の高見さんとの「おしゃべりセッション」の興奮も冷めやらず...




昼過ぎには「なんば駅」に到着!




この近辺...




十代の頃の仕事場だったから隅から隅まで...




景色が変わってしまっていてサッパリ解らない。






しょーもないこと言うてるうちに...






さぁ!到着!!!



a0214566_01252114.jpg




ここは...





世界が嫉妬する笑いの殿堂!




「NGK」



そして...




この日の出演者は...


a0214566_01260989.jpg

「和牛」




「吉田たち」




「相席スタート」




「タカアンドトシ」




「坂田利夫スペシャルコント」




「Wヤング」




「西川きよし」





「西川のりお・上方よしお」



「休憩」



「吉本新喜劇・池乃めだか・他...」



-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------




俺がよく行っていたのは「梅田花月」で「NGK」に来たのは初めて。




プロになって音楽について悩んで身動きが取れなくなったり、どーしようもなく気持ちが煮詰まった時など...



「Wヤング」を目当てに朝から梅田花月に行き、一番前の席で食い入る様に平川幸雄さん、中田治雄さんが繰り広げる漫才に大声を上げて笑い倒していた。






一度だけ平川さんに楽屋に誘って戴いたことがあった。



-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


『いつも来てくれてはるから漫才やってる時によぅ目ぇ合いますなぁー』



『はい!僕は嬉しいのですが、漫才の邪魔になってるんと違うかと・・・』



『なにを言うてはんの、僕らかて一生懸命に通ってくれてはるお客さんがいてはるから頑張れますんやし』



しばらくお話をして...




『ありがとうございました!』と言って帰って行く俺に平田さんが...




『あの、サックスさん・・・他の漫才の子たちも頑張ってますんで、宜しくお願いしますね』





ニターっと笑いながら平田さんから...




『出来たら、イビキは堪忍しったて貰えると・・・エラいスンマヘン!』ってギャグを入れながら注意されました。





そらそうやわなぁー







「うめだ花月」の最前席に陣取ったサングラスが爆睡してたかと思ったら(俺はまさかイビキまでかいてたなんて露程も知らんかった)「Wヤング」が登場した途端にサングラス外して、前のめりで手を叩きながらの大爆笑やねんもん!!!





若手の連中からしたら(迷惑な客やなぁー)(やってられんなぁー)とか文句の一つも言いたくもなるんやろね。




ふん!




アホらし!   







※ 後で聞いたら、若手の漫才師の何人かが平川さんに「なんとかして下さい」とか何とか...情けない話や!爆睡されるのが悔しいんやったら寝てる俺を起こして直接『寝てもエエんやけど、イビキは他のお客さんの迷惑になりますんで!』って言えばエエがな!








※ そしたら俺もちゃんと謝罪の言葉をやなぁ『イビキは悪かった!ゴメンな!今度からは寝言にするわ!お前らホンマ下手くそやのぅ!どうせオモロないんやから静かにやれよ!って言うたとしてもぜんぶ寝言やからな・・・悪気とかぜんぜん無いっちゅーことだけは忘れんとってや!』








-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

この日、大爆笑させてくれたのは...



「タカアンドトシ」




「坂田利夫スペシャルコント」



「Wヤング」





「西川きよし」









「Wヤング」は、俺が「追っ掛け」していた頃の中田さんから佐藤武志さんにメンバーチェンジしていたが(あの事件だけは俺も悔しくて、悲しくて、ホント辛かった!)



平田さんの少し高めの客席の後ろまで通る声は健在で、相変わらず歌も上手かった。




77歳にはとても思えないスピード感、それもすべてハッキリした響きで伝えてくれる。




懐かしさ...




それよりも...




(あれから大変やったやろうなぁー)




(嫌っちゅーほど苦労しはったのは知ってますけど・・・ここまで這い上がって来はるて)





(平川さん!師匠!ホンマ凄いですわ!!!)色々と思い出してたら...






ハハ・・・




自然と頬を伝う涙が何とのう心地よろしおましたわ!





多分...



これからも「Wヤング」の舞台だけは笑いと...



哀愁の嬉し泣き...ですやろね。















-------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------













-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------


















































































-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------










■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■



by funky-ts-kr | 2018-09-11 01:32 | Now | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jazzirugi.exblog.jp/tb/238751518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< Jazz日記 in 石川翔太と... Jazz日記 in 2年ぶりに... >>