人気ブログランキング |

Jazz 日記 in 早坂紗知/ファンキー・ブルース・ナイト!!!@横浜エアジン

a0214566_10590214.jpg
【早坂紗知 ファンキー・ブルース・ナイト!!!@横浜エアジン】


6月22日(土)19:30〜

横浜関内「エアジン」

早坂紗知;as,ss
今津雅仁;ts
永田利樹;b
竹村一哲;ds

この日は、いかにも今津雅仁が演奏しそうな曲は一切やりません。


かと言って...八代亜紀の「愛の執念」や「もう一度逢いたい」を演奏するとは思えない。


一歩ゆずって...「なみだ恋」或いは「愛ひとすじ」を選曲しているとしたら...


世の中、何が起こるか理解不能。


一寸法師...じゃなかった、一寸先は約3cm...とまぁ、話も落ち着いたところで。

_____________________

選曲!選曲!選曲の話!

先ずは、作曲者から紹介しましょう。

時は、1950年代前半。

場所は、古ぼけたホテルの中。

怒りに駆られたチャールズさん、ホテルの廊下を足早に歩く靴音。

___________________

そして、チャーリーの部屋に乗り込み


『おい!誤魔化そうったって、そうは問屋(アメリカにも問屋があったんでしょうなぁ?)がおろさねぇんだー!』


『あ、あの、チャールズさん、いったい何のことか・・・』


とビビるチャーリーさん。


『やかましいやい!さっさと俺様のギャラを耳を揃えて渡しやがれ!』


怒り心頭のチャールズさん。


『え、ああ、ギャラって、ひょっとして演奏料のこと?』


『おうおう!黙って聞いてりゃ寝ぼけた事を抜かしやがって!てめぇら!この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねえぜ!』


と、着ていたステージ衣装の上着を捲りあげた。


アメリカで桜吹雪の入れ墨を見るなんて・・・だって、アメリカではそういうイラストって珍しいじゃない。

____________________________


観念したチャーリーさん事、チャーリー・パーカーは、チャールズさん事、チャールズ・ミンガスさんにギャラ全額を支払う羽目になったのである。

パーカーにとって、これは初めての経験であったとされている。(知らんけど・・・)

___________________________

そのチャールズ・ミンガスの作った『Better Git It In Your Soul』が演奏曲に入っています。

___________________________

また、僕が16歳の時に大阪公演で聴いた、ダラー・ブランドの曲『Water From An Anclant Well』なんてのも演奏致します。


兎にも角にも、楽しめる(僕自身が!)ライブですので、顔だけでも出される事をオススメ致します。

(なーんだ、たいして面白くないじゃん!)って思われたら、ミュージックチャージだけ支払ってご帰宅されても一向にかまわないのですから。

どうです。

至れり尽くせりのライブだとは思いませんか!


というようなことで。


また、お会いしまよう!!!


ではでは





# by funky-ts-kr | 2019-06-21 11:02 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)