人気ブログランキング |

Jazz日記 in 目まぐるしく、暑苦しく、思いっきり楽しかった、昨日の僕…



昨日は、滅多に無い楽しく、充実した良き日であった。


先ず…


「新宿シネマート」で、韓国映画「工作/黒金星(ブラックヴィーナスと呼ばれた男)」を観覧した。


a0214566_22191774.jpg

韓国映画が得意とする、過去の韓国のそれも絶対に明らかにしたくない恥部を赤裸々に描いた(ここで言う赤裸々は決して韓国、韓国政治を

1ミリたりとも美化せず、韓国の歴代大統領、及び政治家がやった犯罪、二重スパイの暗躍などのことである)


僕の「お気に入り7人衆」の一人、ファン・ジョンミンが出てきた瞬間から…


最終場面のイ・ソンミンとの国を超えた友情を静かで思い入れに涙するシーンまで…


僕の心を思う存分「かき回し続けて」切なさに「涙で頭痛が残る」素晴らしい映画であった。


__________________


感動の余韻に浸る間もなく、灼熱の新宿から逃亡したい一心で「冷やしうどん大盛り・トッピング多数」を食しに入った店内。


(これ、美味いのか?それとも・・・)


完全に味覚麻痺に陥っているのも気にせずに、ひたすら冷たい食べ物を喉の奥に流し込んだ。


(夏の食べ物に”鰻”を除いて食えるものなど有るワケない!)


かと言って、別に何の不満もなく、次の目的地へと・・・


_________________


三ヶ月ほど前に「マイク」購入のために立ち寄った某楽器店。


ここのうら若き美女(女性店員さん)が忘れられず…


頭の回転が速く、ユーモラスで、尚且「可愛さ」が満ち溢れている、この女性。


個人情報の保護の観点から実名を書き記すのは危険極まりないですので本名は勘弁して戴きたい。



ですので…


(仮に)この女性店員さんを「竹原さん」としておこう。


ついでと言っては失礼にあたるかも知れないが。


この「竹原さん」のお母様を千葉県館山に在住のテナー・サックス奏者「竹原陽子さん」としておこう。(もちろん!あくまでも仮の名前である)


________________


さて!


めでたく商談成立で「バックエレクトレット・コンデンサー型マイクロバス」じゃなかった…「バックエレクトレット・コンデンサー型マイクロフォン/ATM35/今津雅仁オリジナル・タイプ」この名器が僕の手に入った。


『これは、いつ、どこで、使うのですか?』


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


『このマイクは、何のために購入されたのですか?』


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


『今後の今津サウンドに何か大きな変化が?』


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』



これから何が起こって行くのか…ひょっとして、日本ジャズ界に新しい息吹が…「一体全体、今津は何を・・・」その他、諸々の真実を知りたいと思う方たちに朗報が有ります。



8月27日、夜8時に「六本木サテンドール」に来られることで、すべての疑問が解決するのです。


イイですか?


8月27日、夜8時に「六本木サテンドール」ですよ!



※ くれぐれも、他のライブハウスに足を踏み入れたりして人生最高のひとときを逃さないように。


とかなんとか、言っているうちに昨日のメインテーマの時間が差し迫ってきた。


_________________


そう!


昨日のメインテーマ。


「横濱エアジン」へ【ポップコーン電力整備製造機器/MIT88/今津雅仁オリジナル・タイプ】を届けに行く!


そして…

a0214566_22192789.jpg

僕の大好きな「林栄一/ソロ・ライブ」を聴きに行く!


もっと、言えば…僕が尊敬してやまない「梅本實ご夫婦」に会いに行く!


この、三権分立…じゃなかった、三件合立のためにワクワクしながら電車に飛び乗るつもりで、普通に乗車した。


________________


さてさて!


ここからが、皆様が最も興味のある、業界の中でしか知り得ない所です!


それを白日の下に曝そうではあ〜〜〜りませんか!


その内容たるや。


この夜の白熱した「林栄一/ソロ・ライブ」の詳細。


演奏終了後、林栄一さんと深い話になり、僕の知り得なかった林栄一さんの私生活の全容。


ローマ法王の前でソロ・ピアノ・コンサートをされたヨーロッパ在住の方との出会い。


フェイスブックで長年親しくして戴いていた妙齢の女性との初の出会い。


神の子も尻込みする「不世出の天才児」梅本實氏の驚くべき過去、そして未来についての爆弾発言。


世界中で一番ステキな笑顔の持ち主である「よしえさん」の『変わらぬ美貌の秘訣』についての事実。


そうなんです!


書きたいことは、たくさん有るんです!



でも…



僕...



急に…



もう一寝入りしたくなっちゃって…



ここのところは、キッパリ!



『寝ます!!!』



まぁ、「イイ加減さ」がすべてを凌駕する「バンドマンの真髄」を死守する為にも肝心要の話は、また機会が有れば。


________________


※ バンドマンの『また、機会が有れば、云々』を期待、または信用などする人など皆無でしょうし、そのこと自体、正しい判断なので安心して居ります。



ではでは…



あらあらかしこ


# by funky-ts-kr | 2019-08-11 22:20 | Now | Trackback | Comments(0)