<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Jazz 日記 in 三軒茶屋;Whisper

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■





 Heart Beat Duo at "Whisper"




a0214566_00142767.jpg






4月1日(土)19:30~

今津雅仁 ; ts & 北島佳乃子 ; p


a0214566_00470921.jpg



※ 尚、この日は新進気鋭のギタリスト原田上総くんがシットインしてくれます!







■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
by funky-ts-kr | 2017-03-31 00:16 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 山形昌樹

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


僕には心を開き切って話が出来る「友人」が、まだ5人残っています。



昨夜...



その「友人」の一人である山形昌樹と新宿で飲み明かしました!




そして...




大笑いする今津雅仁に戻してくれました。






ありがたい...






本当に僕は恵まれてる...









-------------------------------------------------------------------------------------







-------------------------------------------------------------------------------------







-------------------------------------------------------------------------------------





-------------------------------------------------------------------------------------


■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
by funky-ts-kr | 2017-03-11 15:03 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 前田健の死...

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■




前田健


俺にとっては、35年来の友人である。



先ほど、1月に亡くなっていたことを知った。



俺や吉岡が24,5歳の頃...



金町に有った「Jazz Spot 38」に必ず聴きに来てくれていた。



俺たちの「バカ騒ぎハード・バップ」に心底惚れていたらしい...


-------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------

或る日...



『今津よぅ、お前のバンドの為にファンクラブ作るけどイイよな!』


『本気で言うてんの?でも、焼き鳥屋の方は...まぁ、大丈夫か』


『それでよぅ、【今津雅仁&SAX APPEAL】のライブは常に満杯しようぜ!』


『満杯はエエけど、タチの悪い客が来たらいつも通り放り出すで!』


『ハハハハハハハー!!!当たり前じゃねぇか!
俺はよぅ、やりたい放題大暴れしてるお前に惚れてるんだからよ!
もし、お前が客の顔色なんか見ながら演奏しやがったら蹴り飛ばすからな!』


健さんの一言から始まった俺と健さんとの珍道中...


-------------------------------------------------------------------------------------

【ファンクラブ主催のライブ・コンサート】

であろうが、なかろうが、当時の俺にとっては一切、関係なかった!





『おい!そこの二人組!うるさいんじゃ!今すぐ出ていけ!!!』


『ほらほら、今津が出てけって言ったの聞こえたろ?』


『何やったら、俺が出て行き易いようにしたろか?』


『今津が言ってる意味わかるよな?ここは二階なんだぜ!いきなり突き落とされたりとかしちゃうとよぅ、ビックリだからなぁー!そーいうのって嫌じゃなかなーって思ったんだけど、違うかい?いや、俺はどっちでもイイんだけどよ!』


『お前らも階段とか一段ずつ降りて行きたいやろ?』


『そうそう、そーした方がイイってよ!でないと、後で大変だと思うぜ!』



常連客の連中がニヤニヤしてる中、勘定を済ませて逃げるように二人組の姿がドアから消えた途端!



『ガハハハハハーー!!!』



店中に響き渡る笑い声...



『ヒーヒー!』



『助けてぇー!腹痛いー!!!』



タチが悪い客が来たらて・・・ステージで演奏してる奴の方がよっぽどタチ悪いがな!



-------------------------------------------------------------------------------------


昨年の夏...


健さんの店「鳥ひろ」へ行った。


健さんと会うのも
25年ぶり...




『健さん!』


『よぅ!』


10分も話したかな...


『なぁ、さっきから笑いそうなん我慢してんねんけど・・・』


『え?なんだよ?』


『いや、俺ら、昔と何にも変わってないと思えへん?』


『え?そ、そうか?』


『そやがな...なーんか二人ともぜんぜん進歩してへんやん!ちょっとは丸ならなアカンで!』


『俺は丸くなったよ!お前だろ!いつまでもイケイケなのはよ!』


『でも、さっき言うとった奴は許せんねやろ?』


『ああ、アイツはダメ!絶対に許せん!』


『ハハハハー!!なに言ってんだか!まぁ、エエわ!そない言うてるうちはまだまだ死なんわ!』


『まぁな!まだ、もぅ少し店の方頑張ってよぅ!それに、ジャズの方も今津が帰って来てくれたことだし、これからだな!面白くなるのは!』


『でも、もうちょっと早目に連絡してたら今年の10月の音楽祭だっけ?あれに間に合ったのにねぇー』



『まぁ、イイじゃねーか!来年はお前をメインに考えて構成して貰えるよう俺も頑張るからよ!』



『無理せんでもエエんよ!どこでも演奏するがな、健さんの為やったら!なぁ!』



『イイねぇー!嬉しいこと言ってくれるじゃねーか!』




なんだかんだで、3時間ほど喋ったのかな...



『ほな、帰るわ!』


『おぅ!遠いとこ悪かったな!ありがとよ!』



『いや、会えて良かったわ!』



『俺もだよ!ほいじゃよ、来年、頼むぜ!』



いつもの固い握手をした後、健さんと初めてのハグをした。



(健さん...痩せたなぁー)




それが、健さんとの最後だった...




-------------------------------------------------------------------------------------


ん?



なにが「
最後だった...」だよ!



ふざけるのもイイ加減にしろって話だ!



もぅエエ!っちゅーぐらい一杯の思い出を残すだけ残しといて...



「今津、俺、死んじゃった!」だぁ?



しかも、俺に何の挨拶も無しで!!!!!!!!



此の世に居ないって、どーーーーいうことよ!!



今日は、あんたが死んだって聞いてからずーーーーーーっと、大声で怒鳴り散らしてたんよ!



俺は、怒ってるんだよ!完全に頭にきてるの!



くっそーー!!!



ふざけんじゃないよ!!



まったく!!!



ああーーー



今頃になって、涙が出てきやがった。



腹が立って、
腹が立って、言いたいこと山ほど有ったけど・・・



もぅ、イイや・・・



涙が止まらなくなって来てるし・・・




『健さん...』



『色々、ありがとうね・・・』



『ホント、楽しかったよ・・・』



『ひとつだけ、心残りなのは...』



『健さんに聴かせてあげたかったよ...』




『俺のテナー』




『あの頃よりは、少しだけだけど...』



『イイ感じになった・・・かな?』




『それじゃ...』



『さよなら...』




『健さん...』









■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
by funky-ts-kr | 2017-03-09 22:40 | 素晴らしき仲間たち | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 横浜エアジンにて...


■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


今日、久しぶりに横浜エアジンに行って来た。


どうも最近、チグハグというか...つんのめってる感じ...いや、違うかな...


何か新しい試みに向かっている時に必ず出てくる兆候...


「前ぶれ」


元来、頭の中で整理整頓を苦手とする代わりと言っては何だが...肌に直接ザラザラしたものを感じる日々が続く。


こうなると、自分自身ではコントロールが効かなくなる。


大笑いした後、急にイラつき、心を沈める為にピアノに向かう。


2時間もしないうちにサウンドにザラつきを感じて、台所に行って料理をし始める。


空腹でないことに気づき、安吾を読み出す。


苦笑しながら料理の後片付けをしている時に無性にピアノが弾きたくなり、テレビをつける。


音量にザラついて聴こえて来るので...即!音量をゼロにして画面を観ながら掃除機をかけ始める。


掃除機の雑音に辟易する間もなく、ジミー・フォレストを聴き出す。


ようやく、肌のザラつきを感じなくなる。


この時点で半日が過ぎ去っているのである。


「馬鹿である!」




こういう時は、梅本実大先生に心の中をすべてブチまける事にしている。



理由は簡単!



僕の60年間の人生で最も信頼できる唯一無二の存在だからだ。


例えば...


梅本さんが『今津!一週間、右を向いたままでいろ!』と言ったとする。


多分...僕は、キッチリ一週間、右を向き続けるだろう。


でも、梅本さんは絶対にそういうことは言わない。


という訳で、2〜3時間...梅本さんに心の奥底まですべてブチまけました!!!


そして、梅本さんも僕に色々と語ってくれた。


その凄まじい内容に驚嘆&衝撃&仰天&震天動地 × 5000でした。

ここでは、絶対に書けない

「物凄い真実」
のオンパレードだったので、
何回も絶句...だって、ホント、凄かったんだもん!




a0214566_03301203.jpg


梅本実さん!有難う御座いました!

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


そして、今夜のエアジン・ライブは林栄一さんが出演するという。


これを聴かずに帰れようか!!!


林栄一さんと初めて会ったのは、僕が東京に出てきたばかりの24歳の時。


ギターの塩本彰と3人で阿佐ヶ谷の居酒屋で凄く楽しい時間を過ごさせて貰ったのを今でも鮮明に覚えている。


ステージでの共演は「アケタの店」での「FIVE・SAX・LIVE」


メンバーは...


梅津和時;as

坂田明;as

林栄一;as

片山広明;ts

今津雅仁;ts





今、考えても...


『なんで、俺がこんな大御所が勢揃いした中で演奏させて貰えたのかなぁ?』


素朴な疑問である。


それよりなにより、林さんが「僕と初めて会った時のこと」「初めて共演させて戴いたこと」をぜ〜〜〜んぶ覚えてらっしゃった事に感動してしまいました!



a0214566_03475225.jpg


ワンステージが終わった後...


SAX奏者としての質問を...本当は、そんなことするべきじゃないのだが...
いっぱい質問させて貰いました♡



その僕のキワドい質問にすべて答えてくれる林さん...演奏も感動したが、何よりも林栄一という尊敬できる先輩と話が出来る自分の恵まれた環境に感謝しました。



林栄一さん!有難う御座いました!

by funky-ts-kr | 2017-03-03 04:07 | Now | Trackback | Comments(0)