カテゴリ:バンドマンの仕事( 47 )

Jazz 日記 in 日吉;WWY

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


ハートビート
スペシャル・ライブ



a0214566_03262481.jpg

https://www.wonderwall-yokohama.jp/reservations

TEL 045-595-9967
















■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

by funky-ts-kr | 2017-07-15 03:34 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 三軒茶屋;Whisper

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


 Heart Beat Duo at "Whisper"




a0214566_13002799.jpg




6月2日(金)19:30~

今津雅仁 ; ts & 北島佳乃子 ; p










■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
by funky-ts-kr | 2017-05-31 13:02 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 今日のお客さんは30倍お得!

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

最近...

ウオーキングをしていない。

一ヶ月、3km以上歩いていない。

昨夜、ある事情で寝ているところを起こされた。

仕方ない、人生は流れに沿って生きてりゃ...何とも成らん時の方が多い...こともあるかも知れない。


-------------------------------------------------------------------------------------

(んじゃまぁー洋服掛けにズラリと成らんだ安モンの冬物衣料の整理でもするか...)

先ず、俺の寒さに耐え忍べば合格品アパレルの数々を纏め上げた!

時間にして...そう、50分程度かな...なんせ、防寒服オンリーだからね。

さーて!

次は、家内の冬物衣料...いや、失礼...寒さとお洒落が一体となったウインターウェアとも言い切れない世界にひとつの個性と、種々雑多とも勘違いする少数の人達にも「なるほど!」とご納得戴けるお召し物のバラエティーの豊かさ!

これを纏め上げた!

時間にして...そう、2時間程度かな...なんせ、女性の衣服は大切に扱わないといかんだろ!


時計を見ると...


まだ、3時。


-------------------------------------------------------------------------------------

(んじゃまぁー毛染めにかかるか!)

犬を探したが、見つからない...

猫を探しても、見つからない...

どうしたんだろ?

これじゃ、毛染めが出来ないじゃ無いか!



仕方ない、人生は流れに沿って生きてりゃ...何とも成らん時の方が多い...ことも無い時に出会った!


「俺!つまり、今津雅仁の髪の毛を染めりゃ言いイイじゃん!」


どうせ、ウチには犬も猫も居ないんだから!

だって、飼った記憶が無いから...多分だけど、探しても無理なような気がするんだわ。

今津雅仁の毛染め!うるさそうな客だから、ちゃんとやんないとね...


時間にして...そう、1時間程度かな...なんせ、客と毛染め職人が偶然、同一人物だっだたんだわ!


時計を見ると...


4時を回ったところ...


-------------------------------------------------------------------------------------

(んじゃまぁー新曲の譜面をテナーの山田壮晃氏から戴いたFINALEで打ち込みするか!)

ていうか...まだ、
壮晃氏に約束した『江古田で丸一日酒を呑ます!』が実行されていないではないか。

壮晃さ〜〜〜ん、忘れていないからねぇー 博報堂、呑んで戴かないと死ぬに死ねません!

この新曲...曲名はまだ言わない!だって、大ドンデン返しが...もぅ、これ以上は無理!

この打ち込み。


時間にして...そう、1時間半程度かな...なんせ、編曲しながらの譜面制作だったんだけど、今日の演奏者の譜面だけだから、早かった!

時計を見ると...

5時30分を回っているじゃないですか!

-------------------------------------------------------------------------------------

(んじゃまぁーコンビニへ直行してキーマカレー&3色巻きと書いてある6色巻きを呑むヨーグルトで流し込んで、タバコに火を点けるか!)

まぁ、空腹の文句を胃や腸あたりから、ギャーギャー言われた日にゃ、コッチだってやってられないしね!

時間にして...そう、30分程度かな...なんせ、買って〜食って〜吸って...これを順序どおりやってりゃイイんだから!バカの俺にも出来るよ!

時計を見ると...

6時。


-------------------------------------------------------------------------------------

さて、これから「今日のお客さんは30倍お得!」の意味が解ってくるから。

俺は、体力が完全に落ちている事実を昨日、思わぬ事で知ることと成った。

そして...

先日の「蕨;OurDelight」で、高下氏も内山氏も心配していた「テナー・サックスのぶっ壊れ事件」が勃発してしまった!

その日の演奏までに応急処置を見事なまでに、イイ加減にでっち上げる事が出来た。

なんせ、B〜Cは半音の筈名のに...その日に限って、俺のテナーは「B〜Cは半音の半音ぐらいなんだよ!」と言い張ったきり、何も言わなくなるし。

ピアノの佳乃子は...『あきはちゃんも時々、ヤバい!って栞を使って修理してますし...』

こんへんが、佳乃子女史の不思議な所なんですよ!

まぁ、彼女に関しては...ほとんど不思議で溢れていますが...ていうか、よく知らないんだよ!

俺は、どんな中の良いヤツでも、そいつのプライバシーには一切興味が沸かない!

聞いて、答えられても、覚えてるワケ無いし...覚える気が無いのだから仕方ない。

だって、あの付き合い36年の吉岡秀晃の事だって、ほとんど知らないからね!興味ないから!

彼に妹が居た!って事を知ったのが6年前!


『吉岡ちゃん、妹さんが居るんだって?』

『うん!居るよ!』

『あ、そう!』


別に問題ないでしょ?



ああ、ダメだ!集中力が極度に低下してる。


話を戻そう!

普通は、俺の「ヤバい!音程がバラバラじゃん!」応急処置の後...「これは大変な事になったぞ!さっきより、音程が...これじゃ、君が代を吹いても、何の曲なんですか?って客から聞かれるぞ!」なんてホザキ出してるし...

少しばかり心配してくれると思ってたワケよ!佳乃子女史には!

だって、楽屋で『ほら、エゲツない事に成ってるやろ?』


そしたら...佳乃子女史『う〜〜ん、少し変ってぐらいで・・・なんか、そんなに...』


なんか、そんなに...気に成らないってーのかい?


彼女は平気で嘘を吐ける人じゃないし...でも、あれだけ、耳の優れたミュージシャンなのに『少し変ってぐらい...なの?』

でも、これだけは言っておく!


佳乃子女史の『う〜〜ん、少し変ってぐらいで・・・なんか、そんなに...』

という言葉で...(共演者のピアニストが、そんなに気にするな!って言ってるんだから、別にイイか!
音程のヤバ過ぎる所の音を避けて、フレージングすりゃ、なんてこと無いしな!)

彼女の、あのオットリした感じと笑顔で、『大丈夫ですよ!』的な事を言われた途端!本当の意味で気が楽になった!

聴きに来て戴いたお客様は、『ホントに素晴らしかったわ!』『満足しました!また聴きに来ます!』というご挨拶を帰り際に戴いたし!


でも、これは、4月17日の話。

-------------------------------------------------------------------------------------

本日は...

演奏前に「石森管楽器店修理部の島様」に『また、エラいことになってしまいまして・・・』

あと...

さっき、運動不足のままで舞台に立ってまともな表現が出来るか!と思い、30分のウオーキングに出掛けた!

距離に対しての浪費時間に...(完璧やな!身体のキレは無くなった!言い訳は効かん羽目になっとる!)


もうひとつ...俺らしくない話がある...けど、もぅやめとこか?

もぅ充分すぎるでしょーし、『まだ、あるんかいな!エエ加減にしいや!』

という関西系の見え麗しき淑女様たちのご意見が、気分悪なるほど聴こえて来そうやし。


まぁ、これだけ、悪条件が揃う事も滅多に無いし、さぁーーーて、今津雅仁がどう出るか?

これが、「本日のお客さんは30倍お得!」ってーのはですよ!

先ず、間違いなく「演奏中にミスをする!」それも、シャレに成らんようなミスをするだろう!

ここで、わたくしこと今津雅仁は、真摯な態度で申し上げます!

「ミス」及び「やり損ね」また「しくじり」時には「信じられない不手際さを伴った言い訳が出来ない不愉快な失態」などなど...本日のライブには、起こり得る状況で御座います。

但し、もし、わたくしこと今津雅仁がミスをした場合は、ミス演奏であると思われる演奏後に...

『今の演奏の中で起こった音楽的間違いの理論的な説明を懇切丁寧に致します!今のですが...これこれ云々、ですので、今津の音に不快感を感じた方も居られて当然です!』

つまり、本日の今津雅仁は、体調の悪さに輪をかけて、寝不足が続いている。おまけに自分の演奏楽器であるテナー・サックスにかなりの異常が発覚している。果たして、そのSAXが正常に作動するのか?或いは、ミストーンどころか、鳴らない音まであるSAXでどう演奏するのか?

しかも、寝不足と発言しているにも関わらず、長々と、どーーーでもエエ「ブログ」にアホなことを書き続けている!

30分のウオーキングがいったい何kmだったのかも、気になる所では御座いますが、そろそろ...本人も眠気、つまり睡魔が訪れているみたいです。

ここは、一秒でも早く寝させて、どっぷりと日頃の寝不足を解消して欲しいものですねぇー

いや、仰るとおりです!しかし、彼は、プロの意識というものをどう考えているのでしょうかね!

まったくです!普段、エラそうな事ばかり言ってる割には、自己管理さえ出来てないのが...本当に困ったものです。常識の無いジャズ・ミュージシャンなど、今の時代、どこも雇いませんからね!

当たり前です!それでイイんです!時間通りステージに現れて、一般人と同じようにちゃんとした挨拶をして、素晴らしい演奏をしてこそ、何て言うんですか・・・つまり、一般社会に溶け込んで、町興し、つまり、ジャズ・ストリートって言うんですか?ジャズ・プロムナードって・・・あれは、一般社会に溶け込んでいるんですか?私は、あまりよく知らないもので。

ジャズ・ストリートですね、あれは、普段ジャズ・ミュージシャンと称して自堕落な生活ばかりしている連中に日頃の罰として、二束三文でそこら中で演奏させるワケですね!一年に一回ぐらい、社会奉仕ぐらいしても罰は当たらんでしょう!

あの、ジャズ・ストリートの方は?

あれですか?あれはですねぇ...ちょっとした考え方のズレみたいなのがあったんでしょーかねぇー私も詳しくは知らんのですよ!ジャズ・ストリートの発起人で有り、第一回からの総合プロデューサーで有り、東京都内、横浜近辺で活躍している一線級の正に超一流どころを全員、電話一本で出演交渉をして、即!ミュージシャン全員からOK!の返事を取り付けた...某横浜近辺にあると思われる、某エアジンとか何とか、いや、私も行った事すら無いんで、いい加減なことは言えんのですが・・・名前は伏せないとね、こういう場合は・・・某梅本とか名乗るとか、下がねぇー何だったけなぁー確か・・・ああ、そうだ!某みのる!そう!某梅本実だとか・・・その責任者が某エアジンと称する...どうですか?名前からして胡散臭そうな感じでしょ?
その責任者が何が有って、勝手にジャズプロムナードをほっぽり出して、横浜警察だか何だか知らんが、横領罪の疑いがあるって呼び出されて・・・言っときますが、私はその責任者の人の事は知りませが、私の知り合い、と言っても全員、まともな職業の人ばかりですよ!その人達に言わせれば・・・『あの人は、日本のジャズ界の為に成ることだけ、また、日本のジャズ・ミュージシャンたちの為に成ることだけに人生を捧げたような人だ!』って皆が口を揃えて言うんです。


れじゃーどうして、そんな横領罪の疑いがあるとか・・・おかしいじゃないですか?

いや、それが、内部の人間の仕業だったんですよ。それも、その責任者が金銭に最も信頼をしていた人だったから・・・警察も責任者も驚いてしまったんですよ。

でも、その責任者ってーの、人を見る目が無いというか、他にいくらでもマトモな人選が出来た筈だと、無責任でしょ!

あなたねぇ、他にいくらでもマトモな人がいるような団体とでも思ってるんですか?

なんですか、その言い方は?

その責任者の他は全員、箸にも棒にもかからない、と言えば聞こえは良いが・・・犯罪者が犯罪を犯しても、捕まるどころか、大手を振って横浜の街を練り歩いては、人様に迷惑ばかり掛けるのが何よりの楽しみ、ってんですから・・・

そんな、大袈裟な・・・

いや、私もそのジャズプロムナードの実行委員に入れて貰おうと、今、真剣に考えてるんですよ。だって、毎年、大金を右から左にですよ・・・濡れ手で粟!棚からぼた餅!一攫千金!それに、ジャズ・ミュージシャンなんかに気を使う必要など一切ないってんですから、こんな楽な話はないですよ!

なに言ってんですか!ジャズ・ミュージシャンっていうような輩はですね、みんあ癖のある、下手すりゃ愚連隊みたいなガラの悪いロクでも無い連中ですよ!おとなしく実行委員の連中の言うことを聞くワケ無いでしょ?

それがそうでも無いんですよ、今、某プロムナードのトップに居るヤツがですね・・・これが、悪知恵を働かせたら「福沢諭吉よりも上だ!」って、もっぱらの評判なんですよ。

悪知恵?

そう、悪知恵!だから、普通、ぼくらが使う「知恵」ってのーは皆無なんですよ!解り易く申し上げるとすればですね・・・「混じり気なしの純度100%のバカ!」というのが、神奈川県での評価らしいです。

そんないい加減な話には乗りませんよ!

「混じり気なしの純度100%のバカ!」なんて、そうそう居るもんじゃないでしょ?

それが、居るんですよ・・・灯台下暗しってヤツですかぁ?直ぐ側に「人情も無ければ、義理も感じない、常識は自分自身だと思い込んで、言いたい放題!ところが、強い物には根っからビクつくんですな!反対に弱い物には、徹底的に悪事をやり通す!まぁ、その信念の強さには敬服しますがね・・・

ていうことは・・・出演してくれて盛り上げ役の主役であるジャズ・ミュージシャンを下に見てるワケですか?

ハハハ・・・あなたねぇ、知らんにも限度がありますよ・・・某プロムナードの現在のハッタリ屋の口癖はですねぇー
『バカ野郎!ジャズ・ミュージシャン・楽隊ごときが偉そうに何ホザクかと思えば・・・そんなヤツ、首!首!一生俺のプロムナードには出させるな!』


なんか、えらく長い口癖ですねぇ?


もっと短いのもあるけど・・・例えば『あいつらはよぅ、その辺でラッパ吹かしときゃイイんだよ!』とか・・・


まぁ、短いですねぇ・・・

『俺の気に入る演奏すれば出してやるよ!』ってーのも御座いやすが!

あなた・・・喋り方が「落語家」みたいになってますよ。

そう?疲れて来たんじゃない?だって、最近、寝てないし、ウオーキングだって、まともにしてないし、楽器だって・・・

ん?あんた、誰?

知るかよ!

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
by funky-ts-kr | 2017-05-06 09:57 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 三軒茶屋;Whisper

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■





 Heart Beat Duo at "Whisper"




a0214566_00142767.jpg






4月1日(土)19:30~

今津雅仁 ; ts & 北島佳乃子 ; p


a0214566_00470921.jpg



※ 尚、この日は新進気鋭のギタリスト原田上総くんがシットインしてくれます!







■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
by funky-ts-kr | 2017-03-31 00:16 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 九州ツアー

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■






以前は「九州ツアー/一人旅」と看板を掲げていたのだが。





ピアニストの北島佳乃子が福岡から東京に活動場所を移したので。





ていうか、俺のバンドのレギュラー・ピアニストだし。





その北島佳乃子が参加するのに「九州ツアー/一人旅」っていうのは...





かと言って、佳乃子との「九州ツアー/ニ人旅」ってーのも変だし。





まず俺の場合、娘ほど年の離れた女性と二人で旅をするなんて考えられない。





理由としては...『俺が恥ずかしい!』からだ。







実は...




3日前からエラい風邪を引いて、寝込んでいた。





ようやく起きてpcに向かうことが出来るようになった。






関西ツアーの最終日にテナー・サックスの高見さんの店「T.SAX」に行った話や関西ツアーそのものの話もしたいんだけど。





今は、取り敢えず「九州ツアー」に向けて体調を整えることに専念します。



a0214566_4333865.jpg
















*****************************

日常生活そのものがアドリブです!



《切羽詰まってバンドマン!》






ペーソスに満ちた物語をユニークなタッチで描いて行った
【実録小説/哀愁編】
が無事終了。





現在は「日本ジャズ界の知られざるタブーに挑む!」という、
未だかつて誰も書けなかった「新分野」に挑戦中!






※愛読者コメントより・・・


『心の底から笑える私の人生にとって何よりも貴重な日。


それは・・・


《切羽詰まってバンドマン!》の
発刊日です!!』 





*****************************
by funky-ts-kr | 2016-10-21 04:36 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 7月〜8月

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■




a0214566_20113671.jpg





a0214566_14121684.jpg




a0214566_14101254.jpg





a0214566_1413339.jpg





a0214566_141473.jpg

by funky-ts-kr | 2016-07-05 20:11 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 北千住;Birdland

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■




a0214566_14211223.jpg



a0214566_16323296.jpg




*****************************
by funky-ts-kr | 2016-06-29 16:33 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 三軒茶屋;Whisper

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■








  Heart Beat Duo at "Whisper"





a0214566_0213245.jpg










6月18日(土)19:30~

今津雅仁 ; ts & 北島佳乃子 ; p





by funky-ts-kr | 2016-06-17 00:24 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 三軒茶屋;Whisper

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■





  Heart Beat Duo at "Whisper"




a0214566_1433524.jpg




5月28日(土)19:30~

今津雅仁 ; ts & 北島佳乃子 ; p













*********************
by funky-ts-kr | 2016-05-28 01:45 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)

Jazz 日記 in 東京と地方都市ミュージシャンの交流

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■


《東京と地方都市ミュージシャンの交流》


機会が無かったせいも有るのだが...



「お呼び」が掛からなかった事もあり、それなら僕が中心になって実践して行けば解決するだけの話。



先ず、第一回目の企画。



関西を中心に勢力的に活躍しているテナー・サックス奏者である武井努を招いての《2テナー・バトル・ユニット》






***************************************

8月1日(月)

三軒茶屋;Whisper 《2テナー・バトル・ユニット》

今津雅仁;ts   武井努;ts  北島佳乃子;p  古木佳祐;b  山田玲;dr


8月2日(火)

北千住;Birdland《2テナー・バトル・ユニット》

今津雅仁;ts   武井努;ts  北島佳乃子;p  古木佳祐;b  山田玲;dr


***************************************



このネーミングを《2テナー・バトル・セッション》とせずに《2テナー・バトル・ユニット》としたか。



それは、お互いに選挙区を出しあい、お互いに編曲をして、お互いにステージ構成を考える。


一夜限りのセッションに甘んじること無く、今後、いつ何処へ出しても決して恥ずかしくないクオリティを維持できる完璧な《ユニットとしてのステージ》を観客に聴いて戴ける、そんなものを作りたい!という切なる願望があるからです。



ともすれば、遠路はるばる来たミュージシャンと地元ミュージシャンとのワイワイ・ガヤガヤの感情的な部分だけで...



『今夜は盛り上がったねぇ〜♡』


『Jazzはやっぱり下準備なしのぶっつけ本番の爆発がイイんだよ!!!』



100年前からのやり方、、、手垢かにまみれた発想、、、



それが、何を生んできたのだろうか...



少なくとも、東京と地方都市との「Jazz交流の継続」に至ってこなかった事に反論する人は誰一人いないはずだと思います。



自分たちの生活を守ること、それにも増して気力や精神力を継続させて行くのは本当に困難だと理解できる。




でも、それは弁解、言い訳であり、ジャズ・ミュージシャンならばそのような責任転嫁の言い逃れはするべきでは無いと考えます。



でも、一度やると決めたのなら『泣きもってでもやる!!!』



これが、僕の生き様です。



成功しようが、失敗しようが、そんなことは知ったことでは無い!



やるからには続けて参ります。



《Jazzは生き様》ですから...












*****************************

日常生活そのものがアドリブです!



《切羽詰まってバンドマン!》






ペーソスに満ちた物語をユニークなタッチで描いて行った
【実録小説/哀愁編】
が無事終了。





現在は「日本ジャズ界の知られざるタブーに挑む!」という、
未だかつて誰も書けなかった「新分野」に挑戦中!






※愛読者コメントより・・・


『心の底から笑える私の人生にとって何よりも貴重な日。


それは・・・


《切羽詰まってバンドマン!》の
発刊日です!!』 





*****************************
by funky-ts-kr | 2016-04-11 16:42 | バンドマンの仕事 | Trackback | Comments(0)